株式投資ニュース 8月23日

8月23日(金曜日)の株式投資ニュースです。(08時46分更新)

最新情報   トップページ

アルファ 【アナリスト水田雅展の銘柄分析】
■アルファ株価に動意、3ヶ月近いモミ合い放れる気配 店舗販促用POP広告のアルファ<4760>(JQS)の株価は、モミ合いから上放れの動きを強めてきた。日柄整理の最終局面だろう。 店舗販促用POP広告の企画・制作事業などを展開し、メーカー・小売のタイアップ企画である消費者向け販促キャンペーンの受注、動画POPのようなデジタルサイネージ(デジタル技術を活用した広告媒体)など新販促商品やサービスの企画・提案を強化している。 今期(13年8月期)業績(非連結)見通しは売上高が前期比..

ジェイテック 【編集長の視点】  <銘柄ウオッチ>
■ジェイテックは1Q利益伸び悩みも売上げ51%増を評価し底上げ余地 ジェイテック<2479>(JQG)は、今年8月1日に発表した今3月期第1四半期(1Q)業績で、経常利益が、前年同期より64%減、純利益が連続の赤字となり、下値もみ合いを続けているが、明らかに下げ過ぎである。同社の業績実態は、むしろ1Q売り上げが、51%も伸びたことに現れているためだ。株式分割権利落ち後の3番底となる200円台下位からは、有配低位値ごろ株として底上げ展開が有力となる。 1Q業績は、前年同期比51..

トレジャー・ファクトリー 【アナリスト水田雅展の銘柄分析】
■トレジャー・ファクトリーは「中段保ち合い」が抜群、秋相場で有望 リサイクルショップのトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)の株価は6月調整後の「中段保ち合い」が抜群だ。今期(14年2月期)好業績見通しに評価余地があり、反発のタイミングが接近、秋相場で期待できそうだ。 関東圏を中心に総合リユースショップと服飾専門リユースショップを直営とFCで展開している。前期(13年2月期)末の店舗数は直営「トレジャー・ファクトリー」44店舗、直営「トレジャー・ファクトリー・スタイル」..

ユアサ・フナショク 【じっくり投資コーナー】
■ユアサ・フナショクは外国人観光関連でも注目、ホテル運営、2ケタ増益  ユアサ・フナショク<8006>(東2)は、22日(木)1円高(+0.44%)の226円と小反発。日本政府観光局(JNTO)が21日発表した7月の訪日外国人客数は100万3100人と前年同月比で18%増加。単月で初めて100万人の大台を超え、過去最高となったほか、総務省が2014年度から、国内の観光地などを紹介する海外向けのテレビ番組の制作費を支援すると伝わっており、今後も海外からの観光客が増加すると期待さ..

毎日コムネット 【アナリスト水田雅展の銘柄分析】
■毎日コムネット株価波乱も好業績で下値買いに妙味 学生専用マンション向け土地・建物サブリース事業の毎日コムネット<8908>(JQS)の株価が調整一巡感を強めてきた。中期成長力を評価して反発が期待される。 首都圏での不動産ソリューション事業(不動産開発部門と賃貸・管理業務の学生マンション部門)を主力として、学生生活支援事業(課外活動支援部門と人材ソリューション部門)も展開している。大学との連携による学生寮の開発や、学生マンションを建設して投資家へ販売した後にサブリースで運営を..

星光PMC 【アナリスト水田雅展の銘柄分析】
■星光PMC株価は煮詰まる、400円前後のモミ合いが2ヶ月 製紙用薬品の星光PMC<4963>(東1)の株価は戻り高値圏から一旦反落したが、戻り歩調に変化はなく、26週移動平均線が接近して反発のタイミングのようだ。低PBRも支援材料だろう。400円前後のモミ合いが7月2日からまもなく2ヶ月となり煮詰まっている。 DIC<4631>の子会社で製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業を展開している。中期経営目標として設立50周年にあたる17年度の連結売上高350億円、営業..

【注目のリリース】室内装飾のトーソーが株主優待を拡充し100株の株主も対象に
 室内装飾ブラインドなどの大手・トーソー<5956>(東2)は22日の大引け後、株主優待の拡充を発表し、2012年4月2日に売買単位をそれまでの1000株から100株に変更しているため、これまで1000株以上保有の株主を対象にしていた優待を100株以上保有の株主にも拡大するとした。 これにより、100株以上1000株未満の株主には1000円相当の優待商品、またはインドネシア共和国での植林活動への寄付を行なう権利を贈呈し、1000株以上の株主には従来通り3000円相当の優待商品..

【引け後のリリース】三光マーケティングフーズ:12月に株式分割し1月から単元株採用
■株価はPER高め安定型で下値固く上値は10万円台まで売り物希薄 三光マーケティングフーズ<2762>(東2)は22日の夕方、株式分割と単元株制度の採用などを発表し、2013年12月31日を基準日として1株を100株に分割し、売買単位は現在の1株を2014年1月1日(効力発生日)から100株に変更するとした。新年の売買は1月4日開始。100株単位での注文は12月26日から適用になる。 株価は6月下旬の9万200円を安値に下げ止まり、以後は9万3000円前後で横ばい推移。本日の..

ゼリア新薬工業、連結子会社「ZPDA/S」を完全子会社化
 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は昨21日付で、デンマーク連結子会社であるZPDA/Sの株式150株を追加取得し完全子会社化した。取得後の保有株式数は1,000株となった。 ZPDA/S社は、医薬品及び食品用原料であるコンドロイチン硫酸ナトリウムを製造・販売しており、ゼリア新薬へは主力商品である「コンドロイチン群」の原料として安定供給している。>>ゼリア新薬工業のMedia−IR企業情報

日本インタビュ新聞社主催の個人投資家向けIRセミナーを東京証券会館で8月24日(土)開催!
■株式講演会も同時開催 株式専門情報のネット配信では日本で最大手の日本インタビュ新聞社(代表・犬丸正寛)は、8月24日(土)午後12時半開場、1時開演で『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東京証券会館9階会議室において開催する。ここだけの注目銘柄を紹介する株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着100名となっている。 今回は東証2部上場のセキド(証券コード=9878)と、トーソー(証券コード=5956)の経営者が自社の現況と展望について詳細に説明を行う。第3部で..

【銘柄フラッシュ】GMOペイメントゲートウェイが急伸しコシダカは甲子園優勝など好感
 22日後場は、今夜ユーロ圏の8月製造業・サービス業指数が判明し、明日は米国の7月新築住宅販売を控え、円相場に確信がもてない様子となり、ソニー<6758>(東1)は1900円をはさんで小動きのまま1.6%安、ホンダ<7267>(東1)も後場は強もみ合いのまま小動きで0.7%高。一方、大成建設<1801>(東1)が前場よりも強含んで2.3%高、太平洋セメント<5233>(東1)も1.1%高など、五輪招致・開催地決定に向けた期待銘柄が堅調。材料株物色は活発で、GMOペイメントゲー..

クリーク・アンド・リバー社 北品川にスチールとムービーの撮影に対応した「クリーク・アンド・リバー社 デジタルスタジオ」をオープン
■所属プロカメラマンによる質の高い静物、人物、動画撮影サービスを行なう クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、本日8月22日、東京都品川区北品川にスチールとムービーの撮影に対応した「クリーク・アンド・リバー社 デジタルスタジオ」をオープンした。 このスタジオは、同社でソニー製品を始めとする大手メーカーの商品撮影を数多く手掛けてきた実績を活かし、所属プロカメラマンによる質の高い静物、人物、動画撮影サービスを行なう。画像処理も簡易的なものから専門的なフォトレタッチ加..

日経平均の終値は1万3365円17銭(59円16銭安)、TOPIXの終値は1119.56ポイント(2.18ポイント安)、出来高(東証1部)概算は19億3177万株
【株式市場】ユーロ圏の景気指数発表など控え日経平均は小動きの中材料株が活況 22日後場の東京株式市場は、夜にユーロ圏の8月製造業・サービス業指数が判明し、明日は米国の7月新築住宅販売の発表を控えるため、円相場に方向感がなく、キヤノン<7751>(東1)は3000円を割ったまま一進一退。トヨタ自動車<7203>(東1)も小高いまま売買交錯。日経平均は1万3350円(約75円安)をはさんで小動き。このため材料株を選別買いする傾向が強まり、GMOペイメントゲートウェイ<3769>(..

【本日の金地金価格】22日 15:30現在
金地金 参考価格 (1kg)22日 15:30現在税込販売価格4,528,000 円税込買取価格4,498,000 円前日比+15,000 円(第一商品提供)

コシダカホールディングスは甲子園で前橋育英の初出場・初優勝に期待高まる
 カラオケ店チェーンのコシダカホールディングス<2157>(JQS)は22日の後場一段上値を追い3165円(90円高)まで上げて戻り高値を更新。本社が前橋市(群馬県)のため、甲子園の高校野球大会で前橋育英が初出場・初優勝となったことを売り上げ支援要因として期待する動きがある。加えて8月決算銘柄のため、期末配当と株主優待の確保が迫っていることも買い優勢の要因になったようだ。ヤマダ電機<9831>(東1)も高い。


最新情報   トップページ