株式投資ニュース 11月1日

11月1日(金曜日)の株式投資ニュースです。(20時59分更新)

最新情報   トップページ

【引け後のリリース】スズキは通期の営業利益予想を増額するが「軽」増税を懸念
■鈴木会長兼社長「軽」だけ増税なら弱い者いじめと伝えられる スズキ<7269>(東1)は1日の大引け後に第2四半期の連結決算を発表し、9月中間配当と今3月期の業績予想のうち営業利益を増額修正した。今3月期の営業利益の予想は前回予想を50億円増額して1700億円(前期比では17.6%増)の見込み。売上高は変更せず、前期比8.6%増の2兆8000億円、純利益も据え置いて同24.4%増の1000億円、予想1株利益は178円26銭。ただ、関連報道で鈴木会長兼社長は、自動車保有税の導入..

ワークマン 10月の売上、客数は今期一番の伸び率となる
■降雨日が多かったことで、合羽・長靴などの雨具類や作業手袋、作業靴の売上が伸びる ワークマン<7564>(JQS)は、10月の月次速報値、売上高、客数、客単価を発表した。 売上高は、前年同月比10.0%増、客数は同9.3%増と今期一番の伸び率であった。客単価は同0.7%増で9月の1.3%増に次いで2番目の伸び率を確保した。 10月の概況としては、降雨日が多かったことで、合羽・長靴などの雨具類や作業手袋、作業靴の売上が伸びた。中旬以降は気温の低下とともに、靴下・肌着などのインナ..

【注目のリリース】ジャムコが旅客機スペアパーツなど好調で利益予想を増額
■ボーイングの増産なども株価材料に 旅客機のギャレー(調理室ユニット)などを製造するジャムコ<7408>(東2)は1日の大引け後、業績予想を増額修正し、今3月期の連結営業利益の予想は従来比3.9%引き上げて31億3400万円に、純利益の予想は従来比16.0%引き上げて16億6000万円に見直した。為替相場が第2四半期累計期間で想定より円安で推移したほか、航空機用旅客シートの初期開発コストの増加やギャレー、熱交換器等の生産・出荷時期の繰り延べなどはあったものの、スペアパーツ販売..

ピーエイ 11月22日(金)富山県民共済センターで「とやま営業転職相談会」を開催
■「富山で営業転職に求められるコト」というタイトルで現役営業部長によるミニ後援も行われる 求人情報誌JOBPOSTの発行、求人情報サイトJOBPOSTの運営を行うピーエイ<4766>(東マ)は、11月22日(金)富山県民共済センター(サンフォルテ 3Fホール)で「とやま営業転職相談会」を開催する。 同じ営業経験でも、業界によって求められる力は様々。転職市場を知り尽くしたピーエイ富山が、求職者のこれまでの経験を最大限に活かすため、「とやま営業転職相談会」を開催する。富山県内の若..

【銘柄フラッシュ】日本フォームサービスやレオン自動機が急伸しセイコーエプソンも高い
 1日は、業績予想を昨日増額修正したパナソニック<6752>(東1)が6.2%高となり高値更新、レオン自動機<6272>(東1)は28.0%ストップ高の高値更新、セイコーエプソン<6724>(東1)は25.1%ストップ高。ソフトバンク<9984>(東1)は欧州の世界的ゲームアプリ大手買収発表も加わり3.4%高で売買代金1位。日経平均が後場は一時200円安と下げ幅を広げた中で強さ継続。サイバーエージェント<4751>(東マ)は18.7%ストップ高。 本日13時に第2四半期決算を..

決算発表最中の相場のモタつきは気になる、先行きに不安の芽を感じ取る=犬丸正寛の相場展望
 堅調だった日経平均は週末(1日)に195円安の1万4126円まで下げた。しかし、フシ目の1万4000円を割り込んだということではないから相場が崩れたということではない。ただ、相場の味ということで気になるのは好決算発表が伝えられる中での下げということである。 これは、どういうことだろうか。考えられることとしては、(1)全体としては好調な決算でも、詳細に見れば芳しくない銘柄が目立つ、(2)とくに、マーケットを代表するような銘柄の業績が冴えない、(3)日頃、あまりウオッチされてい..

日経平均の終値は1万4201円57銭(126円37銭安)、TOPIXの終値は1183.03ポイント(11.23ポイント安)、出来高概算(東証1部)は27億2707万株
【株式市場】対ドルでも円高進み手控え気分強まるが材料株や好業績株の売買活発 11月1日後場の東京株式市場は、対ユーロでの円高に続き対ドルでも97円台の円高基調となったため、トヨタ自動車<7203>(東1)や東芝<6502>(東1)がストンと値を消したまま軟調。業績予想を昨日増額修正したパナソニック<6752>(東1)も高値もみ合いになり、減額したソニー<6758>(東1)は安値もみ合い。ただ材料株や好業績株は強く、ソフトバンク<9984>(東1)は大幅増益に加え、本日ガンホー..

【本日の金地金価格】1日 15:30現在
金地金 参考価格 (1kg)1日 15:30現在税込販売価格4,402,000 円税込買取価格4,372,000 円前日比-38,000 円(第一商品提供)

【今日の言葉】軽自動車税は都会需要に影響か
 『軽自動車税は都会需要に影響か』=『軽自動車の税金』が引上げられる方向で検討されている。1000ccクラスの乗用車で年間の自動車税は2万9500円、これに対し軽自動車税は年間7200円で済む。今の軽自動車は見た目も走行性能も優秀だから7200円の税金では安いのではないかということのようだ。 軽自動車は地方の足と言われるだけでなく、燃費の良さに加え、洗練されたスタイルで今や都会的クルマの地位も固めている。実際、全国の軽自動車保有台数約7600万台のうち東京都の軽保有台数は約3..

永谷園は第2四半期好調で急速に値を戻す
 永谷園<2899>(東1)は1日の14時にかけて急速に値を戻し、一時893円(1円高)と堅調相場に転換。14時に第2四半期の連結決算(4〜9月)を発表し、営業利益が前年同期比13.0%増、純利益も同17.1%増などと好調だったことが好感されている。今3月期の予想は変更せず、売上高は前期比1.6%増の696億円、純利益は同2.3%増の22億5000万円、1株利益は61円69銭。株価は10月23日にシュークリーム店チェーン企業の買収を好感し906円まで上げたばかり。

エーザイは研究開発の厚みなど好感し日経平均200円安の中で強い
 エーザイ<4523>(東1)は1日の後場急速に値を上げて堅調相場に転換し、前引けの3805円(45円安)から13時過ぎには3910円(60円高)まで上昇。昼12時30分に第2四半期の連結決算を発表し、決算短信に盛り込んだ抗がん剤や抗てんかん剤などの研究開発の状況に厚みがあることなどが好感されている。今3月期の予想に変更はなく、連結営業利益は前期比11.4%増、純利益は同10.2%増、1株利益は186円60銭。午後は日経平均が下げ幅を拡大して一時200円安となったため、ディフ..

レオン自動機はストップ高後も強くPER割安感などから中期先高期待
 食品製造機械などのレオン自動機<6272>(東1)は1日の後場363円(77円高)で売買開始となり、前場のストップ高(80円高)に続いて年初来の高値を大きく更新したまま強い相場。昨日、業績予想の増額修正を発表し、今3月期の連結業績予想は売上高は従来予想を10.8%増額して206億円に、営業利益は同じく63.6%増額して18億円に、純利益は同2.2倍の13億円に引き上げたことがストレートに好感されている。通期の予想連結1株利益は46円78銭としたため、ストップ高水準でもPER..

【狙い場・買い場】日立化成は業績再上方修正を見直し日立系の出遅れ株として上値評価余地
 日立化成<4217>(東1)は、10月25日の今3月期第2四半期(2Q)累計決算の開示に合わせて、今年7月に続いて3月通期業績の再上方修正を発表したが、株価は、1株純資産1488円水準での小動きと限定的な反応にとどまっている。日立グループ株は、親会社の日立製作所<6501>(東1)を筆頭に軒並み今期業績を上方修正、株価も好感高しているだけに、日立化成の出遅れが目立つ。低PER・PBR修正でグループ各社を追撃、年初来高値1809円をターゲットにしよう。 同社の今期通期業績は、..

日経平均の前引けは1万4222円03銭(105円91銭安)、TOPIXの前引けは1185.19ポイント(9.07ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億174万株
【株式市場】円高進み減額のソニーなど急落だが好業績株や材料株物色は強い 11月1日前場の東京株式市場は、中盤から欧州中央銀行の利下げ観測によるユーロ安・円高が進んだことなどが様子見要因になり、日経平均は前日比マイナスに転換。朝方は堅調だった日立製作所<6501>(東1)や楽器のヤマハ<7951>(東1)、カシオ計算機<6952>(東1)など、欧州に強いイメージのある銘柄が軟化。ソニー<6758>(東1)は業績予想の減額修正もあり12%安の急落。しかし、ソフトバンク<9984>..

【編集長の視点】ファルテックは続落も三角保ち合い煮詰まり2Q決算発表を先取り超割安返上へ
<銘柄ウオッチ> ファルテック<7215>(東2)は、20円安の3830円と続落している。今年8月の上場来高値5600円から同安値3480円まで調整、今年3月の新規株式公開(IPO)時の公開価格3940円水準固めが続いているものだが、この三角保ち合いが最終局面と煮詰まり感を強めており、11月8日発表の今3月期第2四半期(2Q)累計決算を先取り、下値に下げ過ぎ修正期待の打診買いも底流している。IPO株として、異例の130円の高配当を安定継続、来期に増配が観測されていることも、来..


最新情報   トップページ