F1最新情報 12月9日

12月9日(月曜日)のF1最新情報です。(05時01分更新)

最新情報   トップページ

フライ 新エンジンのパフォーマンス格差は「少ない」
フェラーリのエンジニアリング責任者であるパット・フライは、来シーズンから使用される新しいパワーユニットに大きなパフォーマンス差が生まれないと予想している。

ビデオ V8エンジン時代の終焉


ビデオ 2014年シーズンを語るマグヌッセン


ロータス 「マルドナドは微調整可能」
ロータス代表のエリック・ブイユは、2014年シーズンを通してパストル・マルドナドのドライビングスタイルを微調整することができると自信を見せている。ウィリアムズで3シーズンを過ごしたマルドナドは来年からロータスに加入し、ロマン・グロージャンとコンビを組む。

トッド FIA代表に再選
FIAの年次総会が6日、パリで開催され、ジャン・トッドが代表に再選された。今回の代表戦にはデビッド・ワルド氏が立候補していたが、先月、代表選からの撤退を表明した。

レッドブル ダ・コスタをリザーブドライバーに起用
レッドブルは、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタを2014年シーズンのリザーブドライバーに起用することを発表した。

ペレス メキシコGPの2015年開催を確信
セルジオ・ペレスは、2015年に母国メキシコでF1グランプリが開催されると確信している。今年9月に発表された2014年のF1暫定カレンダーに掲載されていたメキシコGPだが、水曜日に世界モータースポーツ協議会で承認された正式版には名前がなかった。

ビデオ ヴェッテルの未公開シーン


F1復活を誓う韓国GP
水曜日に発表された2014年のF1カレンダーから脱落した韓国GPだが、レース主催者は将来的なグランプリ復活を信じている。

ホンダ ライバルチームの進歩を懸念
2015年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰するホンダは、2014年シーズン中に他メーカーが進歩することを懸念している。

ヒュルケンベルグ チームメイトは気にせず
フォースインディアへの移籍が決定したニコ・ヒュルケンベルグは、来年のチームメイトが誰になろうと気にしないと語っている。フォースインディアは火曜日、ヒュルケンベルグと複数年契約を結んだことを発表したが、彼のチームメイトについてはまだ明らかにされていない。

エクレストン ニュージャージーGP開催を確信
バーニー・エクレストンは、2014年のF1カレンダーから脱落したニュージャージーでのグランプリ・オブ・アメリカについて、2015年の開催を確信していると述べている。

ビデオ バトンの故郷凱旋


2014年のF1カレンダーが正式決定
世界モータースポーツ協議会が水曜日にパリで開催され、2014年のF1カレンダーが正式に確定された。予想されていた通り、ニュージャージーとメキシコでのレースが除外され、韓国GPもカレンダーから外れることになった。結果的に、2014年シーズンは19戦で争われる。

エクレストン 「ライコネンは2013年のスタードライバー」
バーニー・エクレストンは、キミ・ライコネンが2013年シーズンのスタードライバーだと述べており、彼のパフォーマンスを賞讃している。

マグヌッセン 「バトンは最高のチームメイト」
ケビン・マグヌッセンは、ジェンソン・バトンが最高のチームメイトになると信じている。来年、マクラーレンのレースドライバーを務めるマグヌッセンは、2009年のワールドチャンピオンから多くを学ぶことができると考えており、彼の豊富な経験を最大限に生かしたいと語っている。

「特別な結果」を期待するヒュルケンベルグ
フォースインディア復帰が決定したニコ・ヒュルケンベルグは、同チームとともに「特別な結果」を得られると信じている。今シーズン、ザウバーをドライブしたヒュルケンベルグは、2011年にリザーブドライバーを、2012年にレースドライバーを務めた古巣に復帰することが火曜日に発表された。

ピレリ バーレーンでタイヤテスト実施
ピレリは今月、バーレーン・インターナショナルサーキットでプライベートのタイヤテストを実施することをGPUPdate.netに認めた。

2014年シースンのドライバーラインナップ


フォースインディア ヒュルケンベルグの復帰を発表
フォースインディアは、2014年のレースドライバーにニコ・ヒュルケンベルグを起用することを発表した。


最新情報   トップページ